毎月開催・個別開催・出張開催いたします。講習は1日で終了。当日修了認定証発行

MENU

お知らせ

日本国内において新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が懸念されています。

当トレーニングセンターでは、企業内の研修(出張講習)や少人数制の個別講習が主な受講形態であり、不特定多数の方が一堂に会するものではない為、通常通り受付・開催しております。

出張講習を予定している方が中止・延期の対応をされる場合は、個別にご相談に応じます。また、講習会を開催する場合にどのような感染症対策を実施するべきかについてのご相談も承ります。

他の講習機関が中止・延期しており、特定の期限までに認定が必要な方々は、お困りの事と思います。すぐに受講を希望される方向けに、通常二週間前までのお申込みとなりますがそれ以降も特別申込という枠組みで可能な限り対応させて頂いております。

※感染症対策のレベルを上げて対処しているため、以下の対応にご理解ください。

  • アルコール消毒を実施しています。アレルギーのある方は、事前申告の上、個別講習にて受講をご検討いただきますようお願いいたします。
  • 室温22~25℃程度・湿度45~55%程度を目安に調整させて頂いております。調整できる衣服でお越しください。
  • 大阪教室の定員を一時的に6名様より4名様にさせて頂きます。
  • 教室入室前に、石鹸を使用した手洗い 又は、アルコール消毒を行って頂きます。
  • レスキュー呼吸(救助呼吸)の実習において、ポケットマスクを使用した練習を一時取り止めています。
    また、乳児の実習において訓練人形の関係で練習用シールドを使用していますが、成人・小児の実習で利用してる一方弁付きのシールドを使用いたします。少々乳児の練習人形に対してサイズ等の問題がありますがご了承下さい。
  • 他の受講生の為にも、担当インストラクターがなんらかの感染症(新型コロナウイルスの感染以外を含む)の疑いがあると判断した場合(37.5℃以上の発熱や咳や倦怠感など、風邪症候群の症状があると疑われる場合)は、入室・受講を拒否することがあります。

※なお、インストラクターは、講習時マスクの着用をしておりません。話をする側であり、のどの乾燥を防ぐため、こまめな水分摂取を実施するためですのでご理解下さい。

※今後、WHO及び日本政府又は、地方公共団体の対応方針の変更(例えば、すべての外出の自粛要請があった場合)によっては、『定期講習の開催延期または中止』・『移動手段(公共交通機関を利用せずにお越しになる方)を限定しての受付・開催』等の対応を行う可能性があります。予めご了承下さい。

   

様々なご希望に応じたMFA講習を提供

3つのコア・プログラム全てと2つのサプルメント・プログラム合わせて5つのプログラム全10コースを提供

MFA講習には、学習内容と学習年齢区分のニーズに合わせて様々なコースを準備しております。全プログラム紹介

ベーシックプラスコース (成人国際救急法総合コース)

成人MFA・総合的な成人救急法講習です。基本となるプログラムで成人に対する『CPR・AED・のど詰まり』と『病気・怪我』を含むコースです。

チャイルドケアプラスコース (小児国際救急法総合コース)

小児MFA・総合的な小児救急法講習です。基本となるプログラムで小児に対する『CPR・AED・のど詰まり』と『病気・怪我』を含むコースです。
学習年齢区分は、『小児・乳児・成人(全年齢)』と『小児・乳児のみ』の2つあります。

ケアプラスCPR&AEDコース (救命法 CPRとAED習得コース)

心停止に学習内容を絞った半日で終了する短時間プログラムです。『CPR・AED・のど詰まり』のみを学習します。
学習年齢区分は、『成人のみ』と『成人・小児のみ』と『小児・乳児のみ』と『成人・小児・乳児(全年齢)』の4つあります。

保育士・幼稚園教諭・保育施設勤務の看護師向け
幼稚園や保育園に特化したコースアレンジの対応

通常の小児MFA講習であるチャイルドケアプラスコース講習内容に【保育者(幼稚園教諭・保育士・保育施設勤務の看護師)向けの注意点や実例などのお話】を加えて講習を開催することが出来ます。施設ごとの受講が基本となりますが、個人での参加希望で、異なる園で働いている方との交流も希望される方向けに定期開催日程もあり、現役保育者と新人保育者&保育学生の2コース開催。

大阪にて毎月定期開催・個別開催
全国で出張開催

大阪本部事務局では、【異なる活動環境の方同士で受講したい】というニーズに対応するため定期講習を毎月主催しています。
【個人受講者向けにそれぞれの活動環境に合わせた内容で受講したい】というニーズに対応するため、大阪会場でお一人様より個別講習を開催いたします。
日本全国、企業・団体向けに出張講習も幅広く開催いたします。

英語での講習開催も可能。
訪日外国人向けサービススタッフにも!!

日本での講習は、基本的にすべて日本語で行いますが国際救急法であるため、
出張講習では、外国人を対象にアメリカ版の英語ガイドを使用した英語での講習を開催することも可能です。
また、日本語でのコミュニケーションが可能でも日本語を読むことが難しい方と日本人の方が同時に受講される向けに日本語解説&アメリカ版英語ガイド及び日本語ガイドの使用というスタイルでの講習も出張講習・個別講習で対応可能です。外国人観光客が増えて国際的な基準での応急手当の習得も高付加価値サービスの提供として好評を得ています。
また、これから外国で活動される方でその国で応急手当の習得が義務付けられている方も医学英語が難しいため事前学習としての位置づけで受講される方もいます。

事前学習不要 最短2時間で修了 修了認定証即時発行 緊急特別開催も可能

全てのMFAプログラムにおいて事前学習は不要です。当日、受講して習得できるスキルとなっています。
講習時間は、コースによって異なりますが成人に対するCPRとAEDを習得するコースは最短で2時間で習得することができます。
満足に修了することができれば【その場で即時修了認定証】を発行いたします。
通常、各種手配等の関係により、お申込は概ね2週間前で締め切りとなりますがどうしてもすぐに修了認定証が必要という方向けに緊急特別開催・特別申込取り扱いにて締め切り後も可能な限り開催できるようにいたします。

受講後もサポート 質問OK

講習では5年以上の指導実績、過去1000人以上の認定実績など独自の規定を満たす経験豊富なインストラクターが講習を担当いたします。 また、受講して終わりではなく、教えた責任をしっかりと果たすため、認定期間の2年間受講生の皆様をサポートいたします。質問は、受講後でもOK。

更新講習も定期開催

修了認定証の有効期限は、2年間となり、更新が必要となります。新規受講者向けの講習だけでなく、受講生サポートの一環として更新受講者向けの更新講習も定期開催しています。

職業的に資格が必要な方へ

フィットネスクラブスタッフの方や、アスレティックトレーナーの方など、スポーツ関連のお仕事に就いている方は、CPRやAEDの訓練を受けたことの認定取得が資格維持の条件となっていることがあります。メディック・ファーストエイド®の各コースでは、下記の団体が必要としているCPR&AEDコースを提供しております。

  • 日本防災士機構 防災士 ★
  • NSCA(National Strength and Conditional Association)★
  • JATI-AATI(JAPAN ASSOCIATION OF TRAINNING INSTRUCTORS)★
  • NESTA(National Exercise & Sports Trainers Association)★
  • ジャザサイズ(Jazzercise Japan)★
  • NATA(The National Athletic Trainer’s Association) 【注1】
  • JATO(Japan Athletic Trainers’ Organization)
  • AFAA(Aerobics and Fitness Association of America)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • その他:チャイルドマインダー、家庭内保育(保育ママ)、保育施設、野外保育等に携わる方

※各団体・資格が規定しているコースが異なります。どのコースを受講するべきかのお問い合わせの際は、『学習年齢区分 成人or小児or乳児』及び『学習内容 “CPRとAED”or“病気と怪我”』また学習時間に関する規定や試験実施の必要性等、規定する諸条件を確認させて頂いてからご回答することとなります。よく分からない場合は、こちらより各団体にお問い合わせをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

★印の機関の資格受験・更新等の条件については、こちらで2018年9月に確認済みで条件である『成人に対するCPR及びAED』を含む『3時間以上の講習』で『実技実習及び実技評価』を行うコースは、【ケアプラスCPR&AEDコース(成人のみ , 全年齢 , 成人と小児)】及び【ベーシックプラスコース】などとなります。

【注1】NATAの規定する内容に適合して開催することができますが、特別なカリキュラムとなる為、出張講習でのみ対応可能となります。また、指導可能なインストラクターが限定されます。

英語でのご案内  English

PAGETOP
Copyright © ハッピーフォレスト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.