MFAプログラムの使用している医学的な情報

医学的な情報は、医師や研究者(あるいはインストラクター)の個人的な意見ではなく、充分なデータをもとに討議され、全国的、国際的なコンセンサス(合意)を得たエビデンス(証拠・根拠)に基づいたガイドラインに組み込まれている情報だけを使用しています。

・"2010 American Heart Association Guidelines for Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science." Circulation 122, suppl. 3 (2010): S639-S946.

・2010 International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science with Treatment Recommendations." Circulation 122, suppl. 2 (2010): S250-S581.

・ASTM Standard F2171-02. "Standard Guide for Defining the Performance of First Aid Providers in Occupational Settings." ASTM International, 2009.

・ANSI Standard Z490.1. "Criteria for Accepted Practices in Safety, Health, and Environmental Training." American National Standard, 2009.

・OSHA 3317-06N. "Best Practices Guide: Fundamentals of a Workplace First-Aid Program." U.S. Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration, 2006.

・Other sources of national training and care guidelines.

・心肺蘇生法委員会(JRC)発行の「救急蘇生法の指針」(日本国内版のみ)

※医学の進歩に伴い、各ガイドラインは見直し・改定が行われます。
医学ガイドラインに改定が行われた場合は、その最新のガイドラインに準拠した内容にプログラムの改定を行っていきます。