チャイルドケアプラスコース 講習内容詳細

総合的な小児救急法を習得するコースであり、小児、乳児、成人のためのCPR(心肺蘇生法)、AED(自動体外式除細動)とその他の応急手当て(ファーストエイド)を習得する6~8時間程度の講習プログラムです。親や祖父母はもとより、学校施設、幼稚園教諭、保育士、保育施設勤務の看護師、スポーツ・コーチなど、子ども達の健康上の緊急時に対応しなくてはならない人々に最適な講習プログラムです。

この「チャイルドケアプラス・コース」は、米国では保育者に 課せられている応急手当ての基準を満たしていますので、日本の保育者や保育施設にも、事故や病気から子ども達を守るための情報として大いに有益です。

 

チャイルドケアプラスコース (総合的な小児救急法) 概要

受講対象 一般市民
年齢・国籍・性別等条件は一切ありません。
言語 日本語教材を使用 解説も日本語です。
アメリカ版英語教材の用意も可能です。
講習の条件 ・指導員1名に対して受講者最大12名まで
・練習用人形1体に対して受講者最大3名まで
・AED訓練器1台に対して受講者最大3名まで
・1クラスの講習の最大人数は原則24名まで
受講者教材セット ・受講生ブック(教科書) バージョン8 G2015準拠版
・ポケットスキルガイド
・家庭用救急計画
・人工呼吸バリア
・保護用手袋
・包帯
・ガーゼ
・ジップロック袋
スキル実習 受講者は小グループに分かれて
基本的なスキルの練習を行います。

経験を積んでいる方には、実践的なシナリオ実習を
行うこともできます。
所要時間 最短6時間 標準6時間30分程度(オプション及び昼食休憩を含まず) 

お時間に余裕がない場合は、最短の時間で講習を提供いたしますが
定期講習では、充実した講習となるように質問時間や実習時間を制限していない為、
標準時間に30分程度余裕を見込んでおります。

救助対象を成人を含む全年齢対象するコースと、小児・乳児の子どものみを対象とするコースの2コースあります。

目安:9時30分~17時30分 昼食休憩1時間を含む
(但し、参加者の受講経験や参加者数などにより異なります)
修了認定 満足に修了された方には、プラスチック製の修了認定証をその場で発行いたします。
・追加費用はかかりません。
・2年間有効
証書タイプを追加希望の場合は、別途料金が必要となります
講習費 講習費は、受講方法などによって異なります。
各受講方法の開催要項にてご確認ください。
救助対象 主に小児及び乳児 ※成人に関してはコースによって選択
学習内容 CPR(心肺蘇生法) AED のど詰まり ファーストエイド(病気・ケガ)

 

 

チャイルドケアプラスコース 学習項目詳細(バージョン8 ガイドライン2015準拠版)

※2017年6月15日より開始した新しい内容です。※

 

救助に備えて 小児応急手当てプロバイダー
 ・小児応急手当
 ・小児応急手当プロバイダー
 ・緊急事態に気づく
 ・かかわる人の安全
 ・助けようと決める

自分を守る
 ・血液感染の病気
 ・スタンダードプリコーション(標準的な予防策)
 ・自分を守る予防具
 ★実習★汚染した手袋を外す

法的な側面
 ・同意
 ・同意の示唆
 ・遺棄しない
 ・善き隣人法
  (Good Samaritan laws・善きサマリア人の法)

救援を呼ぶ
 ・救急医療サービス(EMS・救急隊)
 ・中毒110番
 ・救急行動計画

緊急移動
CPR&AED 心停止
 ・酸素と人間の体
 ・二次的な心停止
 ・突然の心停止

※CPRフィードバック器具(LOOP学習システム)

胸部圧迫
 ★実習★胸部圧迫

レスキュー呼吸
 ・気道を確保する
 ・バリア(保護具)を使う
 ・息を吹き込む
 ☆実習☆レスキュー呼吸 CPRマスク
 ★実習★レスキュー呼吸 CPRシールド

自動体外式除細動器(AED)
 ・AEDの操作
 ・AEDのトラブル解決と注意事項
 ☆実習☆AEDを使う
  (CPRの実習にてAEDの実習を含みます。)

初期の評価 意識なし
 ・回復体位(リカバリーポジション)
 ☆実習☆初期の評価 意識なし
 ☆実習☆回復体位

心停止の手当て
 ・溺水
 ★実習★心停止の手当て(AEDを含む)
 ☆実践的なシナリオ実習☆心停止の手当て

複数のプロバイダー(救助者)によるCPR
 ☆実習☆複数のプロバイダー(救助者)によるCPR

チョーキング(のど詰まり)
 ・軽度のチョーキング
 ・重度のチョーキング
 ☆実習☆チョーキング(のど詰まり)
評価(現状の把握) 初期の評価 - 意識あり
 ★実習★初期の評価 意識あり
突然のケガ 出血のコントロール
 ・止血帯(ターニケット)
 ・内出血
 ★実習★出血のコントロール
 ☆実践的なシナリオ実習☆出血のコントロール

ショック

頭、首、または背中のケガ
 ・脊椎のケガ
 ・脳のケガ
 ・脳しんとう
 ☆実習☆手で行う背骨の動作制限(固定)

四肢の腫れ、痛み、変形
 ☆実習☆手で行う四肢の動作制限(固定)

ヤケド
 ・熱によるヤケド
 ・電気によるヤケド
 ・化学物質によるヤケド
 ※ヤケド用のドレッシングを使う
  ☆実習☆ヤケド用のドレッシングを使う

個々のケガ(その他のケガ)
 ・切断
 ・軽度のケガ
 ・鼻血
 ・口のケガ
 ・目に入った異物
突然の病気(急病) 突発的な病気の警告兆候

意識レベルの変化(意識障害)
 ・低血糖
 ・けいれん発作
 ・失神

呼吸困難、息切れ
 ・喘息(ぜんそく)と吸入器
 ・激しいアレルギー反応
 ☆実習☆吸入器の使用
 ※エピペン自己注射器を使う
  ☆実習☆エピペン自己注射器を使う
 ※エピネフリン自己注射器を使う
  ☆実習☆エピネフリン自己注射器を使う

中毒
 ・飲み込みによる中毒
 ・吸い込みによる中毒

一般的な病気
環境性の緊急時 暑熱障害(熱中症)
 ・激しい活動による脱水症
 ・熱疲労(軽度の熱中症)
 ・熱射病(重度の熱中症)

寒冷障害
 ・低体温症(ハイポサーミア)
 ・凍傷
刺し傷と嚙み傷 刺す虫(虫刺され)

クモの咬傷

動物と人間による咬傷
その他の考察事項 精神面の考察事項
 (応急手当に伴う精神的なインパクト・ストレス)

※子どもの世話をする施設に推奨される救急キットのコンテンツ


注意事項
※印のある項目は、オプション項目であり、必修項目ではありません。
☆印のある項目は、オプションの実習を行う項目であり、必修項目ではありません。
★印のある項目は、必修の実習を行う項目です。
無印の項目は、すべて必修項目です。

一部のオプション項目は、受講対象の制限や条件があります。
事前にご相談下さい。また一部ガイド未掲載です。

 

チャイルドケアプラスコース受講者の声